「あれっ、ここの階段、こけそう……」事務所を訪ねたときのこと。


 わたしは、自分史を書いているとき(印刷してもらう所はどこがいいかな?)(信頼のおける所はどこかな?)と考えておりました。

 文章を書き上げるまでに1年半かかりました。仕上げまでにはかなりの苦労をしましたから、せめて、校正やゲラ刷りはスムーズにしっかりとやってもらえるところを、と考えておりました。

 サークルの先生に紹介していただいたところが、「春日井印刷」さんです。この「春日井印刷」さんが、大当たりでした。

 製本作りの段階で、小さな間違いを、第三者的な立場で指導してもらったり、校正では細やかなチェックをしていただき、へぇ、さすが~、と感謝でした。

 たくさんの写真の添付、挿入にも、わたしのわがままな意をくんでもらい、また、表紙にも、わたしなりのこだわりを希望通りにかなえてもらいました。

 ゲラ刷りにいたっては、営業のMさんには、申し訳ないくらい何度も足を運んでもらい頭が下がる思いでした。  まっ、営業マンの人柄にも惹かれたし、事務所にいる女性の細やかなチェックが嬉しかったです。  このうれしさは続きました。

 出来上がった本が、第10回自分史大賞の優秀賞に選ばれたのです。文章には化粧することができませんでしたが、製本には、いい装いがしてもらえたと思っています。

 自分自身にも誉めてやりたいが、結果として、親切に迅速に、その上納得のいく価格で製本をしていただいた「春日井印刷」さんに、感謝です。

 「……ここの階段こけそう……」は帳消しになりました。

牛山町 Kさん

春日井印刷のみなさまへ


 先般は、私の初めての著書を出版していただき、有難うございました。

 友人達に送りましてからは、毎日のように共感や励ましの音信がつづき、幸せな日々を過ごしております。

 「表紙のデザインがいいね」「全体の構成もいいね」など、みなさまにアドバイスしていただいたところを誉めてくれる手紙もたくさんありました。

 そのおかげもあって、つい先日、日本自分史学会から「私の物語・日本自分史大賞」の優秀賞に入選したとの知らせを受け、大喜びしているところです。

 大勢のみなさんのおかげと感謝しています。

まずはお礼と御報告まで

岩成台 Iさん

 皆さんからの本の感想は大好評です。

 表紙、デザイン、構成、紙質など全ての面で褒めていただいております。

 電話、メール、ハガキ、手紙など多くの人からも感想いただきました。

 セカンドライフサロン「悠友知摘」でも私のコ-ナーが作られ、自分史、ブログ本、 遊書など展示されております。

 ブログ本を見た会員さんからは、本の出来ばえ、毎日の記録など感心していただいています。

 素晴らしいブログ本を制作していただいたことをあらためてお礼申し上げます。

豊田市 Yさん